• このエントリーをはてなブックマークに追加

宗教法人 東泉寺

藍谷 崇文
  • 総合
    ランキング10
  • 閲覧数
    ランキング10
対応エリア:
神奈川県、静岡県、愛知県
  • 駐車場近く

約400年の歴史ある緑あふれる東泉寺。墓地・供養・家族葬当でお困りの方は当寺院へお気軽にご相談ください。

静岡県静岡市葵区の東泉寺は、約400年の歴史のある曹洞宗の寺院です。墓地分譲、葬儀、永代供養、水子供養、人形供養等でご利用頂いております。当寺院のある静岡市葵区は、自然が豊かで静かな環境であり、静岡茶の祖とされる聖一国師の生まれた地として伝えられております。 ご供養や合祀など、ご相談も随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
墓地のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・一般墓地分譲地
────────────────────────────────────────────────
────────────────────────────────────────────────
東泉寺では一般の方へ向けた墓地の分譲を受け付けております。
境内は静かに自然に囲まれた敷地の中、仏様の魂を鎮めます。
お墓参りや法要には、是非、長閑な山々や爽やかな木々に囲まれた東泉寺の墓地をご利用ください。 
────────────────────────────────────────────────
・分譲区画
────────────────────────────────────────────────
────────────────────────────────────────────────
3×3尺、5.6×4.6尺、6×6尺までの面積がご選択できます。
費用は15〜40万円にて分譲しております。
詳細はお気軽にご相談くださいますようお願い致します。
※1尺=0.909メートル
─────────────────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
永遠の安らぎと永久の供養を

400年以上の法燈を継承し、自然豊かな恵まれた大原の地に、心のふるさと永代供養納骨堂
「祥智殿」ができました。
お墓の後継者がいなくても無縁になることがなく、死後を安心して託して頂けるように
仏様と共に、いつまでも皆様に代わって、真心をこめた御供養をさせていただきます。。
仏教徒であれば宗派を問わず、どなたでもお申込みいただけます。
また、生前契約のお申し込みにもご相談に応じます。
 
供養の形態と諸費用


────────────────────────────────────────────────
形態  永代供養料
────────────────────────────────────────────────

個人墓 70万円
お一人で安らかに永眠をお考えの方、諸事情により先祖のお墓に入れない方

夫婦墓 120万円
ご夫婦で永眠をお考えの方、子供の事情で負担をかけられない方

家族墓 180万円
ご家族で御一緒に永眠をお考えの方、お墓をまだお持ちでない方

供養はすべて永代にわたりお勤めいたします。
遺骨は個別に堂内で安置いたします。
個別区画を申し込まれた最後の方をご納骨後30年は個別納骨いたします。
ご納骨後30年以降は合同永代供養墓に合祀いたします。
 
合同墓  1霊 30万円  
遺骨は納骨時に合葬墓に合祀いたします。   
 
一般墓(納骨堂として使用) 永代使用料 80万円 
普通のお墓と同じようにお使いいただけます。
東泉寺の檀信徒になります。
       
*すべての形態においても 戒名、俗名を刻字した銘石板代が別途かかります。
 
永代供養納骨堂「祥智殿」と一般墓の違い



────────────────────────────────────────────────
・永代にわたり東泉寺が責任をもって管理します。
・墓石建立費用がかからないので総合的にみれば安価です。
・管理費や寄付金などすべてが含まれています。
────────────────────────────────────────────────
永代供養納骨堂「祥智殿」の特徴
────────────────────────────────────────────────​​​​​​​
・個別永代供養納骨と合同供養納骨の2種類の永代供養と一般のお墓(納骨堂)としてご利用いただける、現代社会で求められる究極の形の永代供養納骨堂です。
・個別型永代供養納骨は30年間個別でご納骨いたします。
但し、夫婦墓、家族墓を申し込まれた区画は申し込みのあった最後の方を納骨後30年間になります。
・30年後は合同墓に埋葬します。
・合同型永代供養納骨墓は納骨時に合同墓に埋葬します。
・一般墓(納骨堂)としてお使いする場合は東泉寺の檀信徒になっていただきます。
────────────────────────────────────────────────​​​​​​​
このような不安をお持ちの方は是非ご相談ください。
────────────────────────────────────────────────​​​​​​​
・配偶者やその他有縁の人の遺骨がありどうしたらいいの・・・。
・後継者がいなくて先祖代々墓を守ってもらえない。
・独り身で将来供養してもらえない。
・後継者が遠方に居住しており、疎遠になるのでは・・・。
・子供はいるがお墓を維持していけるか・・・。
・事情により実家のお墓に入れない。

生前契約にも随時応じます。区画は限られておりますのでお早めにご相談ください。
────────────────────────────────────────────────​​​​​​​
永代供養「祥智」とは
────────────────────────────────────────────────​​​​​​​
近年、墓地の形態も墓地使用規則も新たなニーズに対して柔軟に対応しなくてはならない時代となってまいりました。

  当寺院のお檀家様の中にも将来の先祖のお墓に対し、お墓のあり方、供養のしかたなどに不安を抱
いておられる方より相談をうけてまいりました。

  この「祥智殿」はそのような不安や苦悩を和らげるため、平成28年12月吉日に誰でもお参りできる場所に、東泉寺御本尊様を仰ぎ観る形で建立いたしました。

『祥智』とは   祥 めでたいしるし   智 さとり   の意味の如く、この『祥智殿』に永眠される方、又ご遺族様を苦悩や不安から解放しめでたい悟りの境地へ旅立てるようにそんな願いを込め建立させていただきました。

多くの皆様の声に対応できるよう、長年考え作り上げた形で、東海、関東地区にはまだ他にはない形の供養堂です。見学をお考えの方は連絡の上ぜひ当山までお越しください。
                           大源山 東泉寺 住職 藍谷崇文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
永代供養のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・永代供養について
─────────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────────
宗派を問わず、ご新規のお問い合わせも承っております。

永代供養は、お墓の承継者がおられない場合にお寺にて供養と管理をしております。また、ご親族の方をはじめ、どなたでも気軽にお参り頂くことができます。

但し、ご供養は曹洞宗の法式に乗っ取り行わせていただきます。
─────────────────────────────────────────────
・個別永代供養  供養料30万円(納骨料、供養料含む)
骨壷のまま33回忌を迎えるまで個別でご納骨。
33回忌以降は合葬納骨(骨壷から麻の袋に移し合同納骨)をいたします。
・合葬永代供養  供養料15万円(納骨料、供養料含む)
ご納骨は合葬納骨(骨壷から麻の袋に移し合同納骨)になります。
・合葬納骨供養  供養料 8万円(納骨料、供養料含む)
ご納骨は合葬納骨(骨壷から麻の袋に移し合同納骨)になります。
─────────────────────────────────────────────

─────────────────────────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
家族葬から100名までの通夜から葬儀まで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
家族葬から大きな葬儀まですべてをお寺で執り行うことができます。
─────────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────────
使用料(献香料として)…3万円(通夜、葬儀、食事の席等施設祭壇の使用料含む)

静寂な大原の地にある東泉寺の本堂で本尊十一面観世音菩薩様に見守られ安らかに極楽浄土へ導かれます。当寺院の檀家様は一般的に葬儀の過程すべてをお寺でおこなっています。
─────────────────────────────────────────────

─────────────────────────────────────────────
 

代表者のプロフィール

氏名
藍谷 崇文あいたに たかふみ
経歴
━━━━━━━━━━
曹洞宗について

曹洞宗は今から七百五十年ほど前に高祖・道元禅師(どうげんぜんじ)さまが我が国に開創され、四代目の太祖・瑩山禅師(けいざんぜんじ)さまが盛んにされました。このお二方は宗門の父母にも当たるお方ですから両祖大師と申し上げます。
━━━━━━━━━━
御本尊
  十一面観世音菩薩

東泉寺の本尊には、「十一面観世音菩薩さま」が祀られております。苦しんでいる人をすぐに見つける為、頭の上に11の顔があります。全方向を見守っており、それぞれの顔は人々をなだめ、怒り、励ますといわれてます。
十種勝利と四種果報という、現世の利益と死後の成仏など、様々なご利益があります。六観音の一つに数えられ、修羅道に迷う人々を救うとされてます。
━━━━━━━━━━
梅花観音

梅花発祥の久住山洞慶院において、永平寺77世故丹羽廉芳禅師によって、昭和60年に開眼されました。

故禅師猊下より”梅花観音様は大慈大悲の妙智力をもって、帰依する人々を、梅花流をひいては人類全体をご守護下さる”と尊いご垂示を戴きました。

翌昭和61年9月奉賛会が、平成5年に霊場会が発足した。梅花観音礼所、第7番である。
━━━━━━━━━━
馬頭観音

観音さまの多くが女性的で穏やかな表情ですが、馬頭観音さまは、怒り憤怒の形相で表され、馬頭明王と呼ばれることもあります。六観音の一尊で、畜生道に迷う人々を救済します。家畜の安全や健康、旅行の安全を祈られ、道端に石の馬頭観音像が置かれたりもした。昔の馬は武家や農民の生活の一部であり、馬を供養する仏としても信仰されました。
━━━━━━━━━━
弘法大師の霊場
     藁科第五番

平安 時代初期の僧で真言宗の開祖です。延喜21年(921年)醍醐天皇により弘法大師の諡号が贈られました。悟りの世界は、衆生である実践者の心の中にあり、自らの心を見詰め、磨くことで法身大日如来の世界に到達できると説いています。留学僧として渡唐、青竜寺の恵果和尚より真言密教の秘法を受ける。高野山に金剛峰寺を建立。東寺を真言密教の道場とし、大僧都に進み、綜芸種智院を創立。

施設・サービス概要

名称
宗教法人 東泉寺
サービス種別
供養、永代供養、厄除(お寺、神社), 霊園、墓地、納骨堂
所在地
静岡県静岡市葵区大原296
電話番号
054-279-0009
公式サイト
http://www.tousenji-shizuoka.or.jp/
Facebookサイト
https://www.facebook.com/tousenji.shizuoka/
アクセス
~お車でお越しの場合~
新東名 静岡サービスエリアのスマートインター出口より5分程度
静清バイパス羽鳥インター又は牧ヶ谷インターより約10分程度

駐車場 20~30台

~タクシーでお越しの場合~
JR静岡駅西口から、20分~30分(3,500〜4,000円)

~バスでお越しの場合~
JR静岡駅西口より寺ヶ谷停留所
アクセスマップ
大きな地図で見る
メッセージ

東泉寺がある静岡市葵区は聖一国師(ショウイチコクシ)さま生誕の地

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
聖一国師(ショウイチコクシ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鎌倉時代の高僧で東福寺(京都)を開山。



現在の静岡市葵区栃沢に生まれ、宋(中国)に留学した際、持ち帰ったお茶の種を静岡市葵区足久保に蒔いたと伝えられ、静岡茶の祖とされる。

鎌倉時代の高僧で東福寺(京都)を開山。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
藁科川
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

安倍川の支流で、鮎釣りでおなじみの川。鮎釣りは6月1日に解禁され、晩秋まで楽しめます。藁科川の鮎は形も美しく、香りも上々です。



藁科川上流の山間には湯ノ島温泉(ゆのしまおんせん)があります。
緑豊かな市営の日帰り温泉浴場。ナトリウム炭酸水素塩温泉で、神経痛、慢性消化器病冷え性、皮膚病などに効くと言われています。

同じく、藁科川上流の大間地区には福養の滝があります。
高さ135m、幅3.3mの白い布をかけたような美しい滝。七ツ峰(標高1,535m)から流れる滝は2段に分かれていて、上部を雄滝、下部を雌滝と呼びます。
水は滑るように流れ、岩を洗っています。

写真

回答した悩み相談一覧

まだ回答はありません

会員優待

施設・サービスによっては会員様限定の優待をご用意している場合がございます。優待を確認するにはログイン/新規登録が必要となります。

会員限定優待

ログイン / 無料会員登録
してください