• このエントリーをはてなブックマークに追加

老人ホームや介護施設について

有料老人ホームの特徴と入居のための条件
高齢者向けの施設の中でも、有料老人ホームは高齢者の生活に配慮した専門の施設です。食事や洗濯、掃除などの家事サービスから必要な介護サービスの提供、健康管理など、高齢者が生活しやすいようにケアされている入所施設です。
共用設備もあって、ラウンジや図書室、リハビリルームなどが完備されている場合が多いです。映画鑑賞やバスツアーといった、レクリエーションを頻繁に行っている施設も見られます。
有料老人ホームに入居するにあたって、施設によってそれぞれ条件が設けられています。年齢条件については、60歳もしくは65歳以上としているところがほとんどです。夫婦の場合、いずれかがホームの提示している条件を満たしていれば、入居が可能な場合が多いです。
健康な方を対象にしている施設もあれば、介護が必要な人向けのホームもあります。このため、入居を希望されるのであれば、対象者なのかどうか、まずは確認をしておいた方が良いでしょう。

特別養護老人ホームとはどのような施設なのか
介護施設の中には、特別養護老人ホーム、縮めて特養と呼ばれる施設もあります。こちらは社会福祉法人や地方自治体が運営している介護施設のことで、要介護度の高い人が入所の対象となっています。車いすや寝たきりの方などが入所でき、スタッフが24時間いつでも介助できるような体制が整っています。
機能回復・維持のためのリハビリも実施しています。年間通じてレクリエーションを開催しており、入所者が楽しめる様々なイベントを実施しています。ただし入居希望者が多く、入所待ちの状況になることもしばしばです。
入所対象者は、要介護度1以上で65歳以上の方となります。そのほかにも、60歳以上で認知症を患っている場合でも入所可能です。さらに長期入院を必要とせず、共同生活を送るため伝染病の疾患履歴のない人などの条件を設けている施設もあります。

高齢者対象の施設に入るための費用
このような介護施設に入所するにあたって、どの程度の費用が必要なのかは気になるところでしょう。費用に関しては、どういった介護施設に入所するかによって、かかる費用は違ってきます。
有料老人ホームの場合、初期費用が必要な場合いがあります。これは施設によってさまざまであり、無料の施設もあれば、数千万円単位の費用が必要になる施設も見られます。そのほかに、月額費用として10~30万円程度かかり、介護サービスを受けるのであれば、2~3万円追加で費用がかかります。
このように、費用には大きく幅があり、安価で入居できる施設より数千万かかる老人ホームの方が優れている点とそしては、施設が整っていたり、ホテルのような生活も叶えることができます。しかし、安くても高齢者の生活に必要な設備は整っている場合がほとんどです。大きな違いとしては、運営会社が上げられます。安価な施設は国や地域からの補助が出ているケースが多いため、少ない負担で入居ができるのです。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play