• このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者向けの買い物代行サービスについて

歩行が困難な高齢者のためのサービス
高齢になると足腰が弱くなって、なかなか外出することが難しいケースもあるでしょう。また、車椅子を普段使っている人は、外に出て自由に移動することはさらに難しいはずです。そこで、高齢者向けの事業を営んでいる業者の中には、高齢者向けの「買い物代行サービス」を実施しているところも出てきています。
買い物代行サービスは、食料品や生活必需品といった、日常生活で欠かせないものを当人に代わって買い物するサービスになります。歩行が困難な人のほかに、立地上買い物が難しい場合でも利用できます。
例えば、自宅周辺に急な坂道があり、上り下りが大変といった人です。特に、まとめ買いをして重たい荷物を持って坂道を移動することは、高齢者にとって大きな負担となります。
また、自宅の近くに日用品を購入できるようなお店が無い人も利用可能です。公共交通機関の利用が一人では難しく、気軽に買い物に行けない方も、高齢者向けの買い物代行サービスを利用している人は多いです。

高齢者向けの買い物代行サービスの流れ
さまざまな企業やNPO法人などが、買い物代行サービスを実施しています。細かな流れに関しては違いが見られますが、多くのところが以下のような流れで買い物を代行してくれます。
まず、サービスを利用するためには、事前予約をする必要があります。ホームページの専用フォームもしくは電話を使って、代行サービスをお願いしたい日時を指定します。その日時になると、スタッフが自宅を訪問してくれます。
ここで、スタッフに対してその日購入して欲しいものを伝えます。するとスタッフが、周辺のスーパーや商店などで必要なものを買い物してくれます。買い物が終了次第、再度自宅を訪問して購入したものを確認し引き渡します。
買い物代金に関しては、事前にお金を渡す、買い物が終了次第代金を渡す、月額など、事業所によって違いがあります。また一部代行サービスの中には、スタッフが一時的に立て替えてくれる場合もあります。代金の支払い方法に関しては、事前に問い合わせをして確認しておきましょう。

高齢者の見守りも兼ねた代行サービス
高齢者向けの買い物代行サービスですが、買い物に代わりに行ってくれるだけでなく、一種の見守りサービスとしての機能も果たしています。サービスを行っている中には、御用聞きとして週に1回など定期的に自宅に訪問しているところもあります。このように定期的に訪問することで、お年寄りに何か異変は無いかいち早く察知できます。
さらに、訪問した時に様子などを観察し、遠くで暮らしている家族に報告してくれる代行サービスも見られます。遠方で生活していると、なかなか実家を頻繁に訪れることも難しいでしょう。
しかし、代行で見守りを行ってもらえば、電話やメールで近況を逐一報告してもらえるため、家族などは安心することができます。
高齢者やその家族が安心して暮らすために、このような代行サービスは今後ますます重要になるでしょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play