• このエントリーをはてなブックマークに追加

居住介護のサービス内容

ケアプランの作成に関わる居宅介護支援サービス
介護が必要な高齢者が介護サービスを受ける場合、まずは介護保険制度に基づき、要介護認定を受ける必要があります。そして要介護度が決まったところで、それに基づき、どのような介護を受けるか計画書を作ります。この計画書を「ケアプラン」と言いますが、この作成を担当するのが「居宅介護支援サービス」です。
ケアプランの作成に関しては、それぞれの利用者のニーズを考慮する必要があります。そのため、ケアプランを実際に作成するケアマネージャーが自宅を訪問して、利用者本人や家族から相談を受けます。そして、彼らの意向を十分反映できるようなケアプランを作成します。
居宅介護支援サービスは、ただ単に身体状況を見て必要なケアを決めていくのではなく、それぞれの利用者の生活スタイルや日常生活における考え方を考慮し、そして最終的には自立を促すようなプランを作成する必要があります。
また、ケアプランは一度作成するだけではなく、定期的に見直しをして、追加で介護が必要になればその度に変更を加えていきます。このようにして、利用者が自分に適したサービスを受けられるようにサポートしています。

介護相談は居宅介護支援サービスへ
家族に介護の必要な高齢者のいる場合、どのようにサポートをすればいいか分からないという人もいることでしょう。このような介護に関する相談を受け付けるのも、居宅介護支援サービスの仕事の一環です。
当人やその家族から相談を受けることもあり、地域包括支援センターを介すといったケースも見られます。相談内容を頭に入れ、より良い介護を受けるためのサポート役を担います。
介護相談に関しては、すでに介護を受けている人からの案件も含まれます。その場合、実際にどのような介護を受けているのか、主治医やサービス担当している事業所から情報を収集します。そして改善すべき点がないか、専門家の観点から助言を行います。

要介護認定のための書類作成代行を担う
すでに介護認定を受けている人でも病状の悪化などによって、今まで以上の要介護認定を受ける必要性が生じることもあるでしょう。この場合、介護保険に基づく手続きを行う必要があります。
この手続きは市区町村で受け付けられており、自分で手続きを行うことは理論上可能です。しかし、実際に手続きを行ってみると、書類の作成や申請の方法などが複雑です。もし不備が見つかれば、最初から提出のやり直しをしなければなりません。
そこで多くの人は、自分に変わって専門家に要介護認定手続きを依頼しています。この代行手続きを担当するのも、居宅介護支援サービスです。
要介護認定を受けるには、利用を希望する高齢者の自宅などを訪問して調査を実施する必要がありますが、この認定調査の手配なども、担当してくれます。このようなサポートによって、利用者はスムーズに要介護認定を受けられるようになります。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play